オースチン・セオリー

JDマクドナー

【WWE】ドミニク・ミステリオが「向上し続けようとすること」の難しさを語る。「何かを続けるのが本当に苦手で……みんなに助けてもらってる」

偉大な父レイ・ミステリオを裏切ってヒールターンし、Judgement Dayでその才能を開花させたドミニク・ミステリオ。 今や、彼はWWEの現役選手の中でもトップクラスの人気者になりました。リア・リプリーとのコンビは特に […]...
Elimination Chamber

【WWE】オースチン・セオリーがメディアで「WWEはフェイク」と言われ激怒。口論の様子がSNS上で話題に

現地2月2日、WWEはオーストラリア・パースでElimination Chamberを開催します。 ショーの開催に合わせ、オーストラリア入りしたWWEスーパースターたちは準備の真っ最中。そんな中、オースチン・セオリーをめ […]...
WWE

【WWE】グレイソン・ウォーラーとオースチン・セオリーがタッグチームとしてプッシュされる予定と報じられる

WWEの将来のトップスター候補として大きな期待を寄せられているグレイソン・ウォーラーとオースチン・セオリー。 WWEには多くの才能ある若手選手が所属していますが、2人は団体上層部からの評価が特に高く、レジェンドクラスのレ […]...
WWE

【WWE】将来有望な若手たち…オースチン・セオリーとグレイソン・ウォーラーは団体内でどのように評価されているのか?

若手からベテランまで、選手層が非常に充実しているWWE。 最近のSmackDownでタッグを組んでいるオースチン・セオリーとグレイソン・ウォーラーは、今後の団体を担っていく存在として高い評価を得ています。2人とも将来有望 […]...
SmackDown

【WWE】ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)がSmackDownに登場!オースチン・セオリーにピープルズ・エルボー

あの男がWWEに帰ってきました! SmackDown最新回で、オースチン・セオリーとパット・マカフィーによるセグメントがありました。口論する2人。マカフィーが「これはお前のショーではなく、ピープルズ・ショーだ。どういう意 […]...
WWE

【WWE】オースチン・セオリーがレッスルマニア39でのジョン・シナ戦を振り返る。「この瞬間を楽しめ、と言われたよ」

2023年のレッスルマニア39で対戦したオースチン・セオリーとジョン・シナ。長年に渡ってWWEの顔として活躍してきたシナと、団体内部で「次世代のジョン・シナ」と高く評価される若いセオリーの対戦は大きな話題になりました。 […]...
RAW

【WWE】今後は若手選手たちをスターにする計画が集中的に実行される?高齢化するスターたちに新しい風を

サウジアラビア大会Night of Championsに出場する選手たちは30代以上の中堅・ベテランが中心です。 出場する選手たちのうち、20代は26歳のリア・リプリーのみ。また、40代の選手も5人(AJスタイルズ、アス […]...
WWE

【WWE】ジョン・シナが「次世代のジョン・シナ」オースチン・セオリーを語る。「失敗から学ぶ必要がある」

21世紀のWWEを代表するレジェンド、ジョン・シナ。 現在は俳優としての活動がメインの彼は、2023年のレッスルマニア39に向けてオースチン・セオリーと抗争しました。セオリーは団体内部の評価が高く、ビンス・マクマホンがク […]...
WWE

【WWE】ジョン・シナのレッスルマニア39での対戦相手として、コーディ・ローデスとローガン・ポールも候補に上がっていたと報じられる

レッスルマニア39でオースチン・セオリーと対戦するジョン・シナ。 今や人気俳優として大忙しの日々を過ごす彼にとって、WWEでの活動はかなり限定的です。復帰できたとしても、その期間はわずか。彼の試合は、普段はWWEを見ない […]...
AEW

【WWE】オースチン・セオリーがAEW・ARフォックスとの絆を語る。「スクールで初めてプロレスを教えてくれた人だ」

WWEで活躍するオースチン・セオリー。 ビンス・マクマホンに才能を見込まれてメインロースター昇格後のプッシュを得た彼は、現在はAEWに所属するARフォックスのもとて指導を受け、2016年にプロレスラーとしてデビューしまし […]...
RAW

【WWE】ジョン・シナのRAW登場に団体関係者は満足。セグメントの内容はシナが考えていた?

RAWの最新回に登場し、オースチン・セオリーと向き合ったジョン・シナ。 俳優としてハリウッドで大活躍中の彼がWWEに参戦する機会は限られており、彼が登場するとファンは大歓声を送るようになりました。長年にわたってWWEを支 […]...
WWE

【WWE】オースチン・セオリー「ジョン・シナより高い山は存在しない。俺は彼の上を行く」

レッスルマニア39でジョン・シナと対戦する若手スター、オースチン・セオリー。 ビンス・マクマホンに才能を見込まれた彼は、ビンスがクリエイティブから去った今も「次世代のジョン・シナ」と呼ばれる才能を発揮しています。シナとの […]...
HHH

【WWE】オースチン・セオリーがビンス・マクマホンとHHHの違いを語る。「HHHとの仕事は初めてじゃない」

ビンス・マクマホンによってスター性を見いだされ、プッシュを受けたオースチン・セオリー。 彼がビンスのお気に入りであることは誰の目にも明らかで、ビンスの下でビッグスターとして成長していくことが期待されていました。しかし、2 […]...
HHH

【WWE】HHHがオースチン・セオリーのリングネームをフルネームに戻した理由を語る。「変な感じだった」

高いスター性をビンス・マクマホンに評価され、メインロースター昇格後にプッシュを受けていたオースチン・セオリー。 WWEは選手のリングネームを戦略的に変更することがあり、その理由は様々です。彼は2022年の一時期、リングネ […]...
WWE

【WWE】セス・ロリンズが膝を負傷か?立ち上がれず、レフェリーが×サイン

RAWの最新回でセス・ロリンズが負傷したかもしれません。 オースチン・セオリーとのシングルマッチに挑んだ彼は、試合終盤に両足でリングに着地した際に右足を負傷したらしく、膝を抱え込みました。その後も試合は進みましたが、セオ […]...
WWE

【WWE】セオリーがリングネーム「オースチン・セオリー」を取り戻す

ビンス・マクマホンは選手たちのリングネームにポリシーを持っていました。 本名や、インディ時代に使っていたリングネームをメインロースター昇格後にも使用することは、例外を覗いてありません。選手たちはリングネームを変更されるこ […]...
HHH

【WWE】セオリーが「オースチン・セオリー」のリングネームを取り戻せるかも?

ビンス・マクマホンがWWEの最高責任者を務めていた頃、団体は「選手の本名、あるいはインディ時代に名乗っていたリングネーム」の使用を基本的に禁止していました。 例外はいるものの、本当に例外。多くの選手がWWE入団あるいはメ […]...
HHH

【WWE】HHHもセオリーのことを高く評価していると報じられる

ビンス・マクマホン体制でプッシュを受けていたセオリー。 ビンスが彼のことを非常に気に入っていたこともあり、ビンスとのつながりが非常に強い形でのプッシュを受けていたセオリーは、ビンスが引退してHHHがクリエイティブの責任者 […]...
WWE

【WWE】セオリーがビンス・マクマホン引退とビンスから学んだことを語る。「これ以上ないグループが彼の後を継ぐ」

ビンス・マクマホンが引退したことにより、彼が重宝していた選手たちの待遇に注目が集まっています。 次世代スター、ネクスト・ジョン・シナとしてプッシュされていたセオリーはビンス引退の影響を受けやすい立場にあると考えるファンも […]...
WWE

【WWE】「ノンタイトル」というワードが禁止リストに加わったことが明らかに

RAWの最新回で行われた、ムスタファ・アリ、ザ・ミズ、セオリーによるセグメント。 その中で、「ノンタイトル・チャンピオンシップ・コンテンダーズ・マッチ」という言葉が使われました。US王座チャンピオンのセオリーがアリに対し […]...
WWE

【WWE】ビンス・マクマホンはオースチン・セオリーに「若きジョン・シナ」の姿を見ていると報じられる

2021年にメインロースターへ昇格した後、ビンス・マクマホンに気に入られて強くプッシュされているセオリー。レッスルマニア38では、スティーブ・オースチンのスタナーを受けるという貴重な体験をすることもできました。 彼はビン […]...
WWE

【WWE】オースチン・セオリー「ビンス・マクマホンはレッスルマニア38での『スタナー受け失敗』を女性選手たちにからかわれていた」

レッスルマニア38で久々にスタナー受けを披露したビンス・マクマホン。 2夜連続開催となったプロレス界最大のお祭りの主役となったストーン・コールド・スティーブ・オースチンのスタナーは受けての技術が問われる技で、いかに芸術的 […]...
タイトルとURLをコピーしました