スーパージュニア

スーパージュニア

【新日本プロレス】スーパージュニアの優勝決定戦は6.9ドミニオンのメインを飾ることができるのか?

(出典:新日本プロレス公式) 先日、新日本プロレスジュニアの祭典であるBOSJのスケジュールが発表されたが、 今年は5.11千葉大会から始まり、優勝決定戦は上半期最大のビッグマッチである、 6.9大阪城ホール大会ドミニオンで行われることになった。 👇 (BOSJスケジュール) ■『レック Presents BEST OF THE SUPER Jr.31』5月11日(土)千葉・YohaSアリーナ ~本能に、感動を。~ (千葉公園総合体育館)13日(月)東京・後楽園ホール15日(水)新潟・リージョンプラザ上越16日(木)群馬・Gメッセ群馬18日(土)東京・エスフォルタアリーナ八王子19日(日)愛知…
スーパージュニア

【新日本プロレス)BOSJ30の優勝はマスター・ワト! ドミニオンでヒロムの持つジュニア王座挑戦へ!

(出典:新日本プロレス公式) 5.28大田区大会で行われた新日本プロレス年に一度のジュニアの祭典、 BOSJ30の優勝決定戦。 その優勝決定戦は準決勝でマイク・ベイリーを下したマスター・ワト。 そして同じく準決勝でエル・デスペラードを下したティタンが対戦したが、 24分を超える激闘の末、マスター・ワトが勝利し悲願の初優勝をはたした。 思えばマスター・ワトはコロナ禍が始まった2020年に凱旋帰国し、 その場所も無観客試合であったかと記憶している。 その影響か、凱旋帰国当時はあまり高い評価を得られなかったワトだが、 それから3年ついに一つの大きな結果を残した。 そうなるとあとはジュニア至宝のベルト…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30優勝決定戦はマスター・ワトとティタンが初優勝を賭けて激突!

(出典:新日本プロレス公式) 5.26代々木大会で行われたBOSJ30準決勝。 2試合とも白熱した激闘が繰り広げられたが、 試合を制したのはマスター・ワトとティタンであった。 ともに初優勝を狙う二人がリーグ戦、準決勝を制し優勝決定戦にコマを進めた。 この二人の顔合わせを予想していた方は多くはなかったはずだが、 それはすなわち新日本プロレスジュニアの新しい景色を象徴しているともいえる。 間違いなく二人の決勝戦は激闘となるはずだが、 はたしてどちらがトロフィーを掲げることができるだろうか。 ここまでの新日本プロレスの実績だけを見ると、 凱旋帰国後、時間をかけて少しづつ成長を見せているワトが有利とい…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30はいよいよベスト4が決定!

(出典:新日本プロレス公式) 5.12後楽園ホール大会より始まった新日本プロレス、 年に一度のジュニアの祭典BOSJ30。 今シリーズは20名の選手が2ブロックに分かれ、予選リーグを戦ったが、 そのリーグ戦も先日の大阪大会で終了し、いよいよベスト4となる選手が決定した。 そして本日の代々木大会で行われる準決勝戦は以下の組み合わせで行われる。 👇 『BEST OF THE SUPER Jr. 30』準決勝・エル・デスペラード(B1位)vsティタン(A2位)・マイク・ベイリー(A1位)vsマスター・ワト(B2位) 個人的に戦前に予想していた結果とはBブロックに関しては正解であったが、 Aブロックが…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30の決勝トーナメント進出争いは佳境へ!

(出典:新日本プロレス公式) 金曜日までの東北4連戦を終え、残りのリーグ戦が2戦となったBOSJ30。 リーグ戦も後半へと進み、各ブロック2名が進出する決勝トーナメント争いも 佳境を迎えた状況である。 そんな現在の両ブロックの星取はこのような状況だ。 👇 (出典:新日本プロレス公式) こちらを見てもわかる通り両ブロックとも10点が4名で並んでおり 戦前の予想通り大混戦という状態である。 はたして今後この混戦から抜け出すのはいったい誰になるのだろうか? まずAブロックから考えていきたいと思うが、 現在10点を獲得している4人とはリオ・ラッシュ、高橋ヒロム、 石森太二、マイク・ベイリーである。 初…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30は中盤戦を終え、大混戦で終盤戦に突入!

(出典:新日本プロレス公式) 現在開催中の新日本プロレス年に一度のジュニアの祭典、BOSJ30。 そのBOSJも5.18岩手大会でリーグ戦6戦が終了した。 全リーグ戦が9戦なのでちょうど中盤戦が終わったということになる。 さて中盤戦も完了となるとそろそろ優勝戦線の行方も気になるところだが、 その一方で優勝戦線から脱落した選手も出始めている。 そこで今回の記事では現時点での各ブロックの状況を整理してみたいと思う。 まずAブロックであるが現在の点数状況は以下となっている。 👇 (出典:新日本プロレス公式) まずここまで全敗の田口隆祐、1勝のKUSHIDA、そして2勝のDOUKI、SHOは 事実上優…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30は前半戦終了!

(出典:新日本プロレス公式) 5.12後楽園ホール大会より始まった新日本プロレス年に一度のジュニアの祭典 BOSJ30。 そのBOSJ30は5.17仙台大会をもってリーグ戦5試合が終わり、 全9試合の半分が終了した。 そこで今回の記事ではここまでの各ブロックのリーグ戦の状況について まとめていきたいと思う。 まずAブロックであるが仙台大会を終えての星取表は以下である。 👇 (出典:新日本プロレス公式) 現在このAブロックは8点のリオ・ラッシュ、石森太二、マイク・ベイリーの3名が 4勝1敗の8点で首位を並走し、その後ろを高橋ヒロム、ティタンのLIJの二人と TJPが6点で追いかけている。 今大会…
EVIL

【新日本プロレス】BOSJ30におけるSHOとEVILの存在感

(出典:新日本プロレス公式) 5.12後楽園ホール大会より始まった新日本プロレス年に一度のジュニアの祭典、 BOSJ30。 現在そのBOSJ30は中盤戦へと突入しているが、 その中でひときわ異彩を放っているのがHOTのSHOである。 ここまでSHOは秋田大会まで成績としては1勝3敗と振るわない結果となっているが、 今シリーズでは常にEVILと行動を共にし、ある意味鉄の結束を見せている。 またこれまでは乱入などのパターンも多くはなかったが、 今シリーズでは様々なパターンの方法を見せ、ファンのブーイングを演出している。 コロナ禍が終わり本格的に声出し応援が解禁となって今、 このファンのブーイングは…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30前半戦終了! 今後の展開はどうなっていくのか?

(出典:新日本プロレス公式) 5.12後楽園ホール大会より始まった新日本プロレス年に一度のジュニアの祭典BOSJ30。 そのBOSJ30も先週末の愛知大会をもって早くも前半戦3試合が終了した。 ここまでの各ブロックの状況を見てみると全勝の選手が3名いるAブロックに対し、 一方のBブロックは早くも全勝の選手がいなくなり混戦の様相を呈している。 しかし現在の状況にかかわらず両ブロックとも今後の中盤戦、後半戦へと進むにつれ 混戦となることは間違いないだろう。 ではここまでのBOSJ30を振り返ってみたいと思うが、 まず大きなポイントとしては現王者の高橋ヒロムが3戦を終え、 すでに2敗を喫している言う…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30予想結果発表!プロレスファンは誰に期待しているのか?

(出典:新日本プロレス公式) 5.12後楽園ホール大会より始まった新日本プロレス年に一度のジュニアの祭典BOSJ30。 その開幕に先立ち新日本プロレスではラインにて1位通過予想を行い その結果が発表されている。 👇 www.njpw.co.jp そこで今回の記事では今回のこの予想結果からファンがだれを支持し、 そして誰に期待しているのか? そのあたりについて触れていきたいと思う。 それではまずAブロックの結果を記事から以下に抜粋してみよう。 👇 第6位は……DOUKI(425票)! 第5位は……リオ・ラッシュ(457票)! 第4位は……TJP(479票)! 第3位は……KUSHIDA(906票…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30は開幕から波乱続出! ヒロムとデスペラードは初戦を飾れず

(出典:新日本プロレス公式) 5.12後楽園ホール大会より開幕した 新日本プロレス年に一度のジュニアの祭典BOSJ30。 今大会では両ブロックのリーグ戦全10試合が行われたが、 開幕から波乱の展開となった。 その波乱の展開とは現IWGPジュニア王者にしてBOSJ3連覇中の高橋ヒロム、 そしてもう一人のジュニアの顔であるデスペラードの二人が敗れるというものである。 今回のようなリーグ戦では優勝候補と言われる選手が初戦で敗れることはよくあるが、 これで今年のBOSJも混戦となることは間違いないだろう。 はたして今後のリーグ戦はどのような展開を見せるのだろうか。 今大会はリーグ戦初戦ということもあり…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ30がついに開幕! 出場選手は記者会見で何を語ったのか?

(出典:新日本プロレス公式) ついに開幕した年に一度のジュニアの祭典BOSJ30. シリーズ自体は昨日の後楽園大会より始まったが、 それに先立ち先日出場選手による記者会見が開催された。 そこで今回の記事ではBOSJ30に出場する選手たちが記者会見の場で 何を語ったのか? そのあたりについて進めていきたいと思う。 まず優勝候補が多くそろったと言われるAブロックから進めていこう 👇 www.njpw.co.jp 詳細に関しては上の公式サイトのニュースをご覧いただければと思うが、 このブロック中心はやはり現王者にしてBOSJ3連覇中の 高橋ヒロムということになるだろう。 そのヒロムは今回の記者会見で…
スーパージュニア

【新日本プロレス】5.12開幕!BOSJ30展望

(出典:新日本プロレス公式) 5.12後楽園ホール大会から始まるBOSJ30。 その大会日程は以下のスケジュールとなっている。 👇 www.njpw.co.jp また各大会のカードはこのように決定している。 👇 www.njpw.co.jp www.njpw.co.jp 今年は20選手が参加し2つのブロックに分かれ行われるが、 準決勝が採用されているため各ブロック2名の選手がリーグ戦を通過することになる。 これにより参加選手にとってはリーグ戦通過のチャンスが増えたため、 より白熱した戦いが繰り広げられることは間違いないだろう。 それではここからは各ブロックの展望について進めていきたいと思う。 …
スーパージュニア

【新日本プロレス】『SUPER Jr.30』出場メンバーが決定!

(出典:新日本プロレス公式) 5.12後楽園ホール大会より始まる30回目のベストオブスーパージュニア(以下BOSJ)。 その出場メンバーが4.27広島大会で発表された。 今年は昨年のエル・リンダマンのようなサプライズはなかったが、 現在の新日本プロレスのジュニアを沸かせている選手たちが集まったと言っていいだろう。 そこで今回の記事ではそれらについて書いていきたいと思う。 まず優勝争いを占ううえで注目されるのが、現在のIWGPジュニア王者であり、 かつ4連覇という前人未到の偉業を狙う高橋ヒロムだろう。 押しも押されぬ新日本プロレスジュニアの顔、いや日本のプロレス界のジュニアの顔 と言えるヒロムが…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BEST OF THE SUPER Jr.30はどんなシリーズとなるのか?

(出典:新日本プロレス公式) 先日発表された30回目の記念大会となるBEST OF SUPER jr.30。 そのシリーズ日程は以下のようなスケジュールとなっている。 👇 ■『BEST OF THE SUPER Jr.30』シリーズ日程5月12日(金)18:30~ 東京・後楽園ホール <開幕戦>13日(土)17:00~ 長野・長野県立武道館14日(日)17:00~ 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール16日(火)18:30~ 秋田・秋田県立武道館17日(水)18:30~ 宮城・仙台サンプラザホール18日(木)18:30~ 岩手・岩手県営体育館19日(金)19:00~ 青森・新青森県総合運動公…
スーパージュニア

【新日本プロレス】6.3日本武道館大会で起こったサプライズ

(KENTA Twitter) 高橋ヒロムによる史上初の3連覇、そして4度目の優勝という結果で終了した、 BOSJ29 6.3日本武道館大会。 宿命のライバル同士による今回の決勝戦はヒロムに凱歌が上がったが、 この二人の戦いは今後も彼らがいる限り続いていくことだろう。 また優勝したヒロムはドミニオンで石森の持つIWGPジュニアのベルトに 臨むことになるはずだ。 そこでタイトルを奪還し50周年の後半のジュニアの主役を務めるのは、 やはりこの男になるのだろうか。 そしてこの大会は今後の展開につながる多くのサプライズも起こった。 そのうちの二つはバレットクラブ関連であったが、 これも今のバレットクラ…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29優勝決定戦は大本命同士による運命の戦い!

(出典:新日本プロレス公式) 5.31富山大会をもって、全てのリーグ戦が終ったBOSJ29。 そのリーグ戦の結果、優勝決定戦に進出したのは、 高橋ヒロムとエル・デスペラードの二人である。 よって6.3日本武道館大会のメインカードは、 この大本命の二人による運命の戦いということになった。 正直この結果に関してはSNSなどではもろ手を挙げて歓迎というわけではない。 否の方の意見をまとめると、これまでのジュニアの景色ではなく、 別の景色が見たかったということであるが、 別の見方をするとこれだけのメンバーの中を勝ち上がった二人は、 やはり現在の新日ジュニアでは抜きんでた存在ということだろう。 しかし二…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29 優勝決定戦進出は本命同士の直接対決で決着!

(出典:新日本プロレス公式) (出典:新日本プロレス公式) 5.29大田区大会を終了しBOSJ29のリーグ戦もついに最終戦を残すのみとなった。 最終戦を残した現在の結果を先に書くと、戦前本命とされていた選手同士の 直接対決で両ブロックとも優勝決定戦進出の選手が決まる。 約2週間で9戦を戦うという過酷なスケジュールであったが、 それゆえに最後は本当に実力のある選手たちが残ったということだろうか。 いずれにせよすべては5.31富山大会ですべてが決まるということだ。 それでは改めて各ブロックを整理していきたいと思うが、 まずAブロックで決定進出の可能性を残しているのは、 現IWGPジュニアヘビー級王…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29の観客動員数から見える新日本プロレスの復活の兆し

(出典:新日本プロレス公式) 5.28幕張メッセ大会を終え、リーグ戦も残り2戦となったBOSJ29。 個人的には先日開幕したばかりという感覚だが、 実際はもうあっという間に最終盤を迎えたわけだ。 このあっという間という感覚は、 それだけ大会が盛り上がり充実しているからこそ感じることかと思う。 その盛り上がりの大きな要因は、やはり3年ぶりの単独開催、 そして世界中からバラエティーに富んだ20名の選手が参加したことが挙げられるだろう。 新鮮なメンバーが素晴らしい戦いを見せる。 やはりこれこそがファンを惹きつける原点ということが証明された形だ。 そんな大きな盛り上がりを見せるBOSJであるが、 それ…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29 ここまでのまとめとこれからの展望

(出典:新日本プロレス公式) 5.26後楽園ホール大会をもって各ブロックのリーグ戦は6戦を終了した。 後楽園大会3連戦が始まるまでは星取に差があったが、 この3連戦が終わってみると両ブロックとも一気に混戦模様となった。 そこで今回の記事ではBOSJ29のここまでのまとめと これからの展望について書いてみたいと思う。 当記事がご覧の皆さんの今後の予想の参考となれば幸いだ。 Aブロック Bブロック Aブロック (出典:新日本プロレス公式) このAブロックは後楽園大会3連戦が始まるまでは、 石森、ヒロムの二人が全勝で独走していたが、 この3連戦で石森は2敗、またヒロムはなんと3連敗を喫し一気に展開が…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29は大混戦で中盤へ ~5.25 後楽園ホール大会~

(出典:新日本プロレス公式) (出典:新日本プロレス公式) 連日熱戦が繰り広げられているBOSJ29。 5.25後楽園ホール大会時点で両ブロックとも5試合のリーグ戦が終了した。 序盤戦は本命と呼ばれる選手たちが全勝で走っていたが、 ここにきてその選手たちも敗れ、状況は一気に混戦模様へと変化している。 今後このBOSJの展開はどうなっていくのか。 今回の記事ではそのあたりについて考えていきたいと思う。 まずAブロックであるが、このブロックの本命と目されていたのは、 現王者の石森太二と新日ジュニアのアイコンである高橋ヒロムだが、 彼らはともに天敵と言える金丸義信に敗れ全勝の選手はいなくなった。 特…
エル・リンダマン

【新日本プロレス】エル・リンダマンが新日本プロレスの大会を締めた日 ~BOSJ29 5.24後楽園ホール大会~

(出典:新日本プロレス公式) (出典:新日本プロレス公式) 5.24後楽園ホールで行われたBOSJ29。 この日から前哨戦がなく、全試合がリーグ戦となり 選手にとってはより過酷なスケジュールとなる。 そんな中行われた後楽園ホール3連戦の初日。 SNSなどでは神興行と呼ばれるほどの素晴らしい大会となった。 また観客動員数もコロナ禍以降後楽園ホールでは最多となる1215人を動員し それも大会の盛り上がりに大いに貢献したことは間違いないだろう。 やはりプロレスというジャンルはファンの力が重要であると改めて感じた次第だ。 そしてそんな素晴らしい大会を締めたのはエル・リンダマンであった。 この日リンダマ…
エル・リンダマン

【新日本プロレス・GLEAT】エル・リンダマンが語る『新日本プロレスか、新日本プロレス以外か』という意味

(出典:新日本プロレス公式) 現在連日熱戦が繰り広げられているBOSJ29。 そのBOSJにGLEATから参戦しているエル・リンダマンのインタビュー後半が 先日公式サイトよりアップされたので、今回の記事ではそちらについて書いてみたいと思う。 またこのリンダマンのインタビューの一部は公式サイトにて無料で見ることが可能だ。 👇 「新日本プロレス以外のファンと選手の気持ちを勝手に背負ったつもりで“大国”にアタック!」“GLEAT”エル・リンダマン選手にインタビュー(後編)!! Bブロック全公式戦に言及!! | 新日本プロレスリング (njpw.co.jp) そして全文に関してはスマホサイトへの入会が…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29 前半戦終了!

(出典:新日本プロレス公式) (出典:新日本プロレス公式) 5.22秋田大会をもって各ブロックの前半戦が終了したBOSJ29。 ここまでを見てみるとワトのように躓いた選手もいるが、 本命と目されていた選手たちは順調に星を重ねている状態だ。 このまま彼らが下馬評通り白星を重ね決定戦へと進んでいくのか? もしくは今後他の選手の巻き返しがあるのか? まだまだ予断は許さないところだろう。 そんな熱戦が続くBOSJ29であるが、今年は3年ぶりの単独開催、 そして多くの外国人選手の参加などもあり、 その星取以外にも注目すべきところがたくさんある大会と言える。 そこでここからは個人的に気になる選手などについ…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29 両ブロックのここまでのまとめ

(出典:新日本プロレス公式) (出典:新日本プロレス公式) 5.15愛知大会より開幕したジュニアの祭典BOSJ29。 ここまで各ブロック2戦が終了し、早くも明暗が分かれつつある状況だ。 そこで今回の記事ではリーグ戦を占うには少し早いが、 ここまでの状況をまとめつつ、今後の展開を考えていきたいと思う。 まずAブロックから進めていきたいと思うが、 現在2連勝でトップに並走しているのは、現王者石森太二、3連覇を狙う高橋ヒロム、 そして初出場の二人、エース・オースティンとアレックス・ゼインの4名だ。 ここまでの実績がある石森とヒロムに関しては予想通りと言えるが、 今回初出場となる二人が連勝を続けている…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29 Bブロック開幕!

(出典:新日本プロレス公式) (出典:新日本プロレス公式) 先日開幕した年に一度のジュニアの祭典BOSJ29。 先に始まったAブロックに続き、5.17山形大会ではBブロックも開幕した。 (関連記事はこちら) 👇 www.hi-jyapw.com www.hi-jyapw.com このBブロックは上のインタビューでリンダマンも語っていたが、 Aブロックと比べると地味な実力者が集まった印象だ。 つまり彼らは華という部分を試合内容で補い、 ファンの興味を惹きつけないといけないということだ。 そう考えると今回の開幕戦はその期待に応える好試合が続いたと言えるだろう。 そんな好試合が続いたBブロックの開幕…
エル・リンダマン

【新日本プロレス・GLEAT】エル・リンダマンが語るBブロックの展望 

(出典:新日本プロレス公式) 5.15愛知大会より開幕したジュニアの祭典BOSJ29。 それに伴い公式サイトでは出場選手のインタビューが随時更新されているが、 今回の記事ではその中から、Bブロック最大の注目選手と言える エル・リンダマンをとりあげてみたいと思う。 一部は公式サイトで無料で見ることができるので、ぜひご覧いただければと思う。 👇 「みんなで繋いだリレーの先にあったのが『SUPER Jr.』。ひとつの点で終わらせたくはない」“GLEAT”エル・リンダマン選手に直撃インタビュー(前編)! 全公式戦に言及!! | 新日本プロレスリング (njpw.co.jp) また全文はスマホサイトで閲…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29開幕! やっぱり新日ジュニアの戦いは面白い!

(出典:新日本プロレス公式) (出典:新日本プロレス公式) 5.15愛知大会よりついに開幕したジュニアの祭典BOSJ29。 今年は3年ぶりの単独開催、そして外国人選手、他団体の選手も含めた 20名参加の2ブロックの戦いに戻り、開幕前から楽しみにしていたファンも多かったはずだ。 そんな中実際にシリーズが始まったわけだが、 その内容もファンの期待に応えるような大変面白い大会であった。 そこで当記事ではその開幕戦について振り返っていきたい思う。 まず目についたのは今回初出場となる外国人選手たちだ。 Aブロックにはエース・オースティン、アレックス・ゼイン、クラーク・コナーズ そしてフランシスコ・アキラ…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29の記者会見を見て感じたこと

(出典:新日本プロレス公式) 「3連覇、4度目の優勝という前人未踏の快挙をどうか止めてださい!」ヒロムが土下座で自身の“優勝阻止”を懇願!田口は“ケツ封印”を宣言!?【『SUPER Jr.』Aブロック会見】 | 新日本プロレスリング (njpw.co.jp) 「どうせ“負け犬”になんだろ?」デスペラードがDOUKIを挑発して一触即発…!! 「俺だけ見てりゃいいんだよ!」リンダマンは圧巻の大演説!!【『SUPER Jr.』Bブロック会見】 | 新日本プロレスリング (njpw.co.jp) ついに本日の愛知大会より開幕となるBOSJ29。 それに先立ち、先日記者会見が行われた。 近年はコロナ禍の…
スーパージュニア

【新日本プロレス】BOSJ29 Bブロック考察

(出典:新日本プロレス公式) (出典:新日本プロレス公式) 【特設】BEST OF THE SUPER Jr.29 | 新日本プロレスリング (njpw.co.jp) 今週末よりついに始まる年に一度のジュニアの祭典BOSJ29。 前回の記事ではAブロックについての考察を書いてみた。 👇 www.hi-jyapw.com そこで今回の記事ではそれに続きBブロックの展開を書いていこうと思う。 このブロックを勝ち抜き最終戦の武道館のメインに立つのは どの選手になるだろうか。 まずメンバーを見渡してみると首位争いをするのは、 これまでの実績を考えると、エル・デスペラード、 そしてエル・ファンタズモとい…
タイトルとURLをコピーしました